×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



獣拳変身ゲキバイオレット。

1.ゲキウルフ 2.ゴングチェンジャー 3.FAゲキバイオレット
これらはミニプラブランドじゃなくて一部塗装済みの半完成品なんだけど、ミニプラ化にあぶれた(?) ゲキウルフがラインナップされていて、発売済みのミニプラ・ゲキトージャと合体できるようになってます。
(ミニプラ・アクションゲキトージャとは合体できません)


半完成品という事で箱はミニプラのものと比べると非常にコンパクトになってます(画像右がミニプラの箱)。


箱を開けるとそれぞれこんな感じで収まってます。
ゲキウルフはミニプラを半分組み立てて一部塗装しただけって感じでほぼまんまミニプラです。
ゴングチェンジャーはベルトをはめてシールを貼ったら出来上がり。
FAゲキバイオレットはシールを貼る以外は完成状態。箱のサイズの関係上、ヒザを折った状態で入ってます(笑)。


ゴングチェンジャーはベルトを使って腕に付けられるようになってます。
で、フタを開けてウルフの耳の部分をはじくと中の金属部品が鳴ります。
ゴングというよりは自転車のベルの「チーン」っていう感じ(笑)。






FA(ファイティングアクション)ゲキバイオレットは、前に出たミニプラ・FAゲキレッド(画像左側)と まったくと言って差し支えないほど同じ仕様になっていて、全15ヶ所が可動します。
ミニプラ・FAゲキレッドの時は300円でこれだけのアクションフィギュアが手に入るのは凄いって 書いたけど、今回は更に2色成型で細部塗装済みの完成品という豪華仕様。
背中側には6箇所ビス止めまでして強度確保もされてます。




FAゲキレッドと同様に、発売済みのミニプラとの連携でも遊べるようになってます。
それぞれミニプラのゲキバット、ゲキエレファントと合体。







獣拳合体!


ゲキウルフを変形させて発売済みのミニプラ・ゲキトージャのゲキチーターを外して代わりに合体。
ゲキトージャウルフへ。


尻尾を口にくわえさせて「大狼狼脚(だいろうろうきゃく)」の構えもできます。


ゲキチーターやゲキジャガーと同様、ゲキウルフのお腹にはアタッチメントの手首(左手)が入っていて、付け替え可能です。
黒いけど。








戻る