×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ミニプラ・ゲキトージャ。

1.ゲキタイガー 2.ゲキチーター 3.ゲキジャガー
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」からのミニプラ第一弾、ゲキトージャです。
戦隊ロボ(?)は2年に1回のペースで非メカが来てる感じだけど、今年は動物と拳法がモチーフになっていて、 気を練るだけでゲキビースト(動物)が発生して、それが合体して人型になるという何ともエコロジーな感じです。
しかも主役3人のゲキビーストはみんな猫科。その師匠(?)なんかはそのままネコというネコレンジャーだったりします。
各キャラは単色成型で、シールを貼らない状態だとレトロチック。
ジャガーはサングラスを掛けてます。アスリートか(笑)。
ちなみにサングラスは上にスライドできます。




合体!


昔なんかのアニメで観たような合体変形パターン(笑)を経て ゲキトージャへ。
手に持っているのは各ビーストのしっぽを繋げたヌンチャク
ゲキセツコン
何ともマッシブでボリュームたっぷりなこのゲキトージャ、突っ立っているだけでもかっこいいけど、 拳法テーマという事で今年は特に動きます。




脚担当のチーター、ジャガーのそれぞれのお腹のフタを開けると掌底(しょうてい)用の平手が入ってるので、 取り出してこぶしを付け替えることが出来ます。
取り外したこぶしは同じところに仕舞えます。親切です(笑)。




可動。
首が左右可動、胸部も大玩玩拳(目が回りそうなよく使ってる技)を再現するためにぐるっと回るので、 上体をひねった感じに出来ます。
腕は肩の前後スイング&上腕ロールで自由度が高く、ゲキセツコンも自由に取り回し出来ます。


股関節も前後にスイングできるボールジョイントを採用していてかなり自由度が高くなっている上に、 足首も前後左右に角度が付いて優れた接地性を発揮しているので、結構な角度を付けてもしっかり自立できます。

普段はアクションフィギュアを買ってもほとんど素立ちのまま飾って置いたりするんだけど、 このゲキトージャはいじっていて色んなポーズを決めるのが楽しくて結構夢中になっちゃいました(笑)。
次はどんな猫科が出るのか楽しみです(次はネコじゃないらしいけど(笑))。






戻る