×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス」製作記。



第二次大戦でイギリス軍が作りまくったトラックです。
メーカーはポーランドのIBGモデルスで、このトラックのバリエーションがいくつか発売されています。


【BEDFORD QLD 3-ton 4×4 GENERAL SERVICE】

1/72プラスチックモデルキット


定価 2,625円(税抜 2,500円)
メーカー:IBGモデルス


パーツ群。
ランナーは2枚。
コンパクトなランナーにみっちりとパーツが詰まってます。
成形状態は良好で、非常に繊細なディティールが再現されています。

上のランナーが車体のメイン部分、下のランナーが荷台まわりで、バリエーションキットでは下のランナーが 別のものに入れ替わっています。



窓ガラス用のフィルムとデカール。
デカールは6パターンの車両を再現できるように沢山入ってます。

窓ガラス用のフィルムは切り取り線が印刷されている親切仕様。
このキットでは5番まで使うようになってます。
・・・ただ、これの接着にタミヤの流し込み接着剤を使うと硬化後にペリペリっと剥がれてきちゃいます。


2011/05/01(日)

製作開始。
シャーシとかを組んだところ。
このキットは各パーツの取り付けにダボやケガキなどの位置を決める印がないものが多くて 一連のパーツのバランスを見ながら調整する必要があったりしてちょっと不親切です。
特に3本のプロペラシャフトを繋ぐギアボックスは位置だけでなく角度も考えないといけないので あとで組み付けるエンジンの事まで考える必要があります。
それでも隙間が開いちゃったけど(笑)。


大体のパーツを組み付けたところ。

バックミラーも取付穴がなかったので、取付強度を上げる意味も兼ねてピンバイスで穴をあけてから差し込みました。

荷台は幌なし、幌の骨組みのみ、幌付きの3種類から選んで組むようになっているので骨組みをチョイス。

燃料タンクに大きなヒケがあったのでパテで埋めています。





2011/05/02(月)

完成。


IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス(カーゴタイプ)」完成画像

塗装してデカールを貼ってスーパークリアーつや消しでコートして、窓を付けて、ひと通り接着して完成。
ガラス部分は付属のフィルムがタミヤの流し込み接着剤でまともにつかないっぽいので
0.3mm厚の透明プラ板を切り出して接着しました。



IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス(カーゴタイプ)」完成画像

真横から。
全長は約8cm。
ちょっとキャビンが前のめりになってる・・・?


IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス(カーゴタイプ)」完成画像

後ろから。
基本塗装はドラゴンワゴンとかと一緒です。
ボディの立ち上げ色だけ、オリーブドラブ1+ガルグレーで、ちょっと明るめにしてます。




IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス(カーゴタイプ)」完成画像

同スケールの他のキットと並べてみたところ。
シャーマンが全長8.5cm、ベッドフォードが8cm、ホルヒが6.5cm。
場所取りません(笑)。



IBGモデルス1/72 「ベッドフォードQLD 3トン4×4ジェネラルサービス(カーゴタイプ)」完成画像

という訳で、なんだかんだで製作期間2日で完成しました。

各パーツの取り付け位置が曖昧だったりするので多少難儀する部分もあるけど、
各パーツが非常に繊細でシャープなモールドが施されているお陰で精密感が半端無く、
完成すると満足度が高いです。

ストレートに組むだけでお手軽にクォリティの高い完成品が出来上がるのは非常に嬉しいです。
多少ディティールは省略されている部分があるので、ここから手を加えればもっといい感じになります。
(サードからワイパーなどが入ったエッチングも出ているようです)



次は・・・まだ作りたいものが沢山あって迷ってます(笑)。



モケイTOPへ戻る


「みっくすのプレミアなページ」へ戻る